今後の更新のため(テンカラ)をポチっとおねがいします。
にほんブログ村

2017年06月03日

ハリスの置き方…テンカラ釣り日記 12

5月22日
H川釣行
水温9度

今回は少し前の釣行の際、普段は無意識にキャスティングしていているが、ハリスの置き方をあらためて考えながらの釣行です。
先日の釣行でフライマンのライン捌きをみて、
如何に毛ばりの流れに意識を置いているか…
を考えさせられました。

テンカラ釣りはフライフィッシングに比べてラインが水面に接している長さは短いですが、やはり毛ばりへのドラグは無視できませんね。
私の場合は、キャスティング時の立ち位置でハリスの置き方を意識します。
それでも、小渓流や藪沢など立ち位置が限定されてしまう場合はどうでしょう、、

画像は立ち位置が限定されている場合の目線です。
943F94C5-76CB-4D12-AF83-67E944058C63.jpg
黒線が流れ
赤丸が毛ばりの着水点
青線がハリスの置き方、向き

左手前のポイントは立ち位置的に良。更には手前の岩を利用するといい感じです。

さて、他の3箇所ですが、立ち位置から真っ直ぐキャスティングするとこの様な位置には置けませんね…
ハリスにできるループの形、向きを変えてキャスティングします。
こればかりは…口ではうまく説明できないのが残念です。
301FF640-0B2F-4D78-9A21-BF1D7D0FB3F4.png
1番好きなハリスの置き方はこのパターン!
この位置からのキャスティングの場合、手前の流れが嫌ですね。
オレンジ◯の岩にライン〜ハリスを乗せる事により、赤◯の無流帯へ毛ばりを落とし、ルースニング…毛ばりが見えなくてもラインが引き込まれるのを確認し…合わせ!

今回は、いつもよりハリスの置き方を意識した復習の釣りとなりました。

■使用ロッド:river peak ナノテンカラロッド3.6m 7 3調子
■使用ライン:river peak テンカラフライライン 試作品(近日製品化予定)

CDC9437F-18B6-4998-A212-8C7ACA48A97F.jpg








posted by ショージ at 06:11| Comment(4) | テンカラ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

驚き!渓流ルアーマンに学ぶ。・・・テンカラ釣り日記11

5月15日
N川釣行。
水温9度

今回は以前からN川上流部のガイドを依頼されていたルアー師との釣行となりました。
渓流ルアーを間近で見るのは、ほぼ初めて。
ルアーに反応する山女魚や岩魚、何故追うのか?
興味が尽きない釣行となりました。

渓流ルアーもフライフィッシング同様、ロングキャスティングを活かしテンカラでは攻められないトロ場や淵尻では釣果をだしていきますね。
ここで1つ疑問、ルアーが着水する時、「パシャ」ッてするのに、岩魚は何故か走らずに必死にルアーを追いますね、何故?
例えば、毛ばりをキャスティング時に「パシャ」ッてなると見切り走るのに…何故?疑問です。

70DBE1D6-849A-49CA-8169-349D383E1E47.jpg

こんなポイント…餌、テンカラ、フライ、
ほぼ、スルーしますが難なく枝の間を抜き、釣りあげます。

この時期一度走った魚…テンカラ釣りでは、まず釣れませんね、しかし、ルアーマンは走り先の岩穴を見てその岩魚をも釣あげました。

狂った様にルアーを追う岩魚の姿に唖然…

こんな岩魚の姿は初めてみました。
あの動きは、捕食なのか?威嚇なのか?


A528BD17-8683-4475-B8FC-03BF9EA9C874.jpg
テンカラ釣りでも狙えない小さなポイント…
ひたすらルアーアクションで粘り、今回最大の29p岩魚!

12F53AB1-2821-425B-AA2F-C9E072786087.jpg
前回、40超えの岩魚をバラしたポイントをルアーで…こちらは残念。

あのルアーアクションに狂った様に追う岩魚…
テンカラ釣りにも応用できないか?
思案中です。

下記Twitterでのアンケート結果…
ルアーの割合が高い理由が何となく理解してできた様なきがします。
F6393C5B-6E44-4455-A31C-77EE111BD14F.png


次回はハリスの置き方について…です。







posted by ショージ at 20:48| Comment(4) | テンカラ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

フライフィッシングに学ぶ。テンカラ釣り日記・・・10

5月1日
N川上流
水温7度
今回はフライ師の友人とリベンジを兼ねてまたまたN川上流へ。
フライ師との釣行は2回目、フライの長所を活かし、前回はしられたポイントやテンカラでは攻めにくい場所を攻めてもいました。

2ACBAA15-E634-4D17-9BE4-1138D406B0FF.jpg

画像ではわかりにくいが、頭上を覆う枝、近づくとはしる岩魚、遠投や狭いループを活かせるフライフィッシング。ポイントへビシビシとフライを投入していきます。

テンカラとの違い…かなり勉強になります。
1番勉強になったのはラインの置き方、立ち位置、キャスティング時の腕の振り。
これはテンカラに活かせます!
近日、製品化予定のラインもフライラインなのでキャスティングにはとても勉強になりました。

リベンジは?
昼間から降雨があり、次第に本降り、雷と…
リベンジのポイントへと向かう前に脱渓となりました。
釣果はフライとテンカラ2人で26匹。
短時間にしては上出来。


■使用ロッド:river peak ナノテンカラロッド3.6m 7 :3調子
■使用ライン:river peak テンカラフライライン 試作品(近日製品化予定)


E48FB73D-7D9E-43A9-9F1C-04F3FEC60BA5.jpg
友人のフライ師
鮮やかなマンゴー色の岩魚


65748DE8-E95B-4C0C-AE83-C44711439B38.jpg




posted by ショージ at 18:57| Comment(4) | テンカラ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村