今後の更新のため(テンカラ)をポチっとおねがいします。
にほんブログ村

2017年06月03日

ハリスの置き方…テンカラ釣り日記 12

5月22日
H川釣行
水温9度

今回は少し前の釣行の際、普段は無意識にキャスティングしていているが、ハリスの置き方をあらためて考えながらの釣行です。
先日の釣行でフライマンのライン捌きをみて、
如何に毛ばりの流れに意識を置いているか…
を考えさせられました。

テンカラ釣りはフライフィッシングに比べてラインが水面に接している長さは短いですが、やはり毛ばりへのドラグは無視できませんね。
私の場合は、キャスティング時の立ち位置でハリスの置き方を意識します。
それでも、小渓流や藪沢など立ち位置が限定されてしまう場合はどうでしょう、、

画像は立ち位置が限定されている場合の目線です。
943F94C5-76CB-4D12-AF83-67E944058C63.jpg
黒線が流れ
赤丸が毛ばりの着水点
青線がハリスの置き方、向き

左手前のポイントは立ち位置的に良。更には手前の岩を利用するといい感じです。

さて、他の3箇所ですが、立ち位置から真っ直ぐキャスティングするとこの様な位置には置けませんね…
ハリスにできるループの形、向きを変えてキャスティングします。
こればかりは…口ではうまく説明できないのが残念です。
301FF640-0B2F-4D78-9A21-BF1D7D0FB3F4.png
1番好きなハリスの置き方はこのパターン!
この位置からのキャスティングの場合、手前の流れが嫌ですね。
オレンジ◯の岩にライン〜ハリスを乗せる事により、赤◯の無流帯へ毛ばりを落とし、ルースニング…毛ばりが見えなくてもラインが引き込まれるのを確認し…合わせ!

今回は、いつもよりハリスの置き方を意識した復習の釣りとなりました。

■使用ロッド:river peak ナノテンカラロッド3.6m 7 3調子
■使用ライン:river peak テンカラフライライン 試作品(近日製品化予定)

CDC9437F-18B6-4998-A212-8C7ACA48A97F.jpg








posted by ショージ at 06:11| Comment(4) | テンカラ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハリスの置き方・・・今で特に意識をしたことが有りませんでした。
これは問題有ですね。
今後は意識をして検証しながらの釣りを心がけたいですね。
勉強になります。
Posted by 幻の渓流師 at 2017年06月03日 21:43
幻の渓流師さん
コメントありがとうございます!
ラインの置き方…これだけでもだいぶ釣果はあがると
思ってます。色々と試行錯誤するのって楽しいですよね!
Posted by ジョージ at 2017年06月06日 17:05
こんばんは
今週は秩父に行って来ましたが梅雨に入りもう少し水量が欲しいですね。
フライを少しかじった事が有るのでラインドラッグは自然に意識しています。
でもテンカラはドライなのであまりハリスを出来るだけ着けないで打っています。
やはりフライは線ですがテンカラは点ですよね(笑)
お疲れ様でした。
Posted by 山女魚 at 2017年06月08日 22:21
山女魚さん
コメントありがとうございます!
やはりフライ経験者の山女魚さんは自然と意識されたのですね〜
私の場合はハリスを20〜50p着けるのでかなりの意識になりますね(^.^)
線と点のどちらでもない感じです。(^ω^)
Posted by ショージ at 2017年06月10日 05:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村