今後の更新のため(テンカラ)をポチっとおねがいします。
にほんブログ村

2017年05月17日

驚き!渓流ルアーマンに学ぶ。・・・テンカラ釣り日記11

5月15日
N川釣行。
水温9度

今回は以前からN川上流部のガイドを依頼されていたルアー師との釣行となりました。
渓流ルアーを間近で見るのは、ほぼ初めて。
ルアーに反応する山女魚や岩魚、何故追うのか?
興味が尽きない釣行となりました。

渓流ルアーもフライフィッシング同様、ロングキャスティングを活かしテンカラでは攻められないトロ場や淵尻では釣果をだしていきますね。
ここで1つ疑問、ルアーが着水する時、「パシャ」ッてするのに、岩魚は何故か走らずに必死にルアーを追いますね、何故?
例えば、毛ばりをキャスティング時に「パシャ」ッてなると見切り走るのに…何故?疑問です。

70DBE1D6-849A-49CA-8169-349D383E1E47.jpg

こんなポイント…餌、テンカラ、フライ、
ほぼ、スルーしますが難なく枝の間を抜き、釣りあげます。

この時期一度走った魚…テンカラ釣りでは、まず釣れませんね、しかし、ルアーマンは走り先の岩穴を見てその岩魚をも釣あげました。

狂った様にルアーを追う岩魚の姿に唖然…

こんな岩魚の姿は初めてみました。
あの動きは、捕食なのか?威嚇なのか?


A528BD17-8683-4475-B8FC-03BF9EA9C874.jpg
テンカラ釣りでも狙えない小さなポイント…
ひたすらルアーアクションで粘り、今回最大の29p岩魚!

12F53AB1-2821-425B-AA2F-C9E072786087.jpg
前回、40超えの岩魚をバラしたポイントをルアーで…こちらは残念。

あのルアーアクションに狂った様に追う岩魚…
テンカラ釣りにも応用できないか?
思案中です。

下記Twitterでのアンケート結果…
ルアーの割合が高い理由が何となく理解してできた様なきがします。
F6393C5B-6E44-4455-A31C-77EE111BD14F.png


次回はハリスの置き方について…です。







posted by ショージ at 20:48| Comment(4) | テンカラ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ルアーの割合が高い理由が何となく理解して」自分には何故が解りません^^;
ルアーに反応する確率が高いのはアンケートでも分かりますし餌釣りが一番釣果があるのも結果わかりますがバシャ♪に反応する行動の違いは???(笑)

敢えてテンカラに走る自分は何なのかな???(笑)
Posted by 幻の渓流師 at 2017年05月18日 15:39
こんにちは
ルアーもフライも少しかじった事が有るので状況は判ります。
でもなぜかと言うと判りませんね(汗)
ただ言えることは釣り人はそのルアーや毛針に絶対に信頼を置いて打ちに行っている事ですよね(^^♪
後は魚に気に入って貰えれば・・・・・ですよね(笑)
Posted by 山女魚 at 2017年05月18日 17:29
幻の渓流師さん
コメントありがとうございます。
ルアー釣りにはビックリしました。
遠投〜近投、誘い、藪下狙いまで有利ですね。
岩魚がルアーにたまらずに追う姿が見えました。パシャだけは謎です。
釣果以外の魅力があるのがテンカラです!
Posted by ショージ at 2017年05月22日 16:28
山女魚さん
コメントありがとうございます。
あの狂った様にルアーを追う姿…謎ですね!
おっしゃる通り、毛ばりにも、ルアーにも釣り人の
魂がこもってますからね!
後は魚次第ですね(^ ^)
Posted by ショージ at 2017年05月22日 16:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村