今後の更新のため(テンカラ)をポチっとおねがいします。
にほんブログ村

2017年05月08日

フライフィッシングに学ぶ。テンカラ釣り日記・・・10

5月1日
N川上流
水温7度
今回はフライ師の友人とリベンジを兼ねてまたまたN川上流へ。
フライ師との釣行は2回目、フライの長所を活かし、前回はしられたポイントやテンカラでは攻めにくい場所を攻めてもいました。

2ACBAA15-E634-4D17-9BE4-1138D406B0FF.jpg

画像ではわかりにくいが、頭上を覆う枝、近づくとはしる岩魚、遠投や狭いループを活かせるフライフィッシング。ポイントへビシビシとフライを投入していきます。

テンカラとの違い…かなり勉強になります。
1番勉強になったのはラインの置き方、立ち位置、キャスティング時の腕の振り。
これはテンカラに活かせます!
近日、製品化予定のラインもフライラインなのでキャスティングにはとても勉強になりました。

リベンジは?
昼間から降雨があり、次第に本降り、雷と…
リベンジのポイントへと向かう前に脱渓となりました。
釣果はフライとテンカラ2人で26匹。
短時間にしては上出来。


■使用ロッド:river peak ナノテンカラロッド3.6m 7 :3調子
■使用ライン:river peak テンカラフライライン 試作品(近日製品化予定)


E48FB73D-7D9E-43A9-9F1C-04F3FEC60BA5.jpg
友人のフライ師
鮮やかなマンゴー色の岩魚


65748DE8-E95B-4C0C-AE83-C44711439B38.jpg




【関連する記事】
posted by ショージ at 18:57| Comment(4) | テンカラ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
相変わらず素晴らしい釣果ですね♪
フライはラインが長いのでドラッグを意識したSキャストやカーブキャストなどが有効ですね。
それにパワーを掛けられるダブルホールが出来る事なんかテンカラでは少し無理ですよね(汗)
でもそれを意識したテンカラ竿操作さえすれば楽しい毛鉤打ちが出来ますね♪
お疲れ様でした。
Posted by 山女魚 at 2017年05月08日 21:25
異種格闘技みたいですね。(笑)
てんからVSフライと見事な釣果。
長所を応用した新商品が楽しみですね。
フライは遠くにキャストするに良いと言うぐらいしか分からないのが自分ですが・・・(笑)
Posted by 幻の渓流師 at 2017年05月08日 22:06
山女魚さん
コメントありがとうございます。
ドラグを意識した立ち位置、キャスティング、
色々な技があり勉強になりました!
テンカラでは毛ばりの着水時にハリスの置き方を
微妙に操作するのが限界ですね、もっと練習して腕を磨きます♬
Posted by ショージ at 2017年05月12日 05:57
幻の渓流師さん
コメントありがとうございます。
異種との釣行は得るものが沢山ありますよぉ。
もう一段上へ進めた気がします。
新商品も今月中には販売となりますので是非お試し下さいませ。
Posted by ショージ at 2017年05月12日 06:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村