今後の更新のため(テンカラ)をポチっとおねがいします。
にほんブログ村

2017年03月18日

雪に癒やされ…C&R区間 テンカラ釣り日記・・・5

3月15日
N川C&R区間
水温4度
今回は新しい毛ばりケースを入荷したので、毛ばりを詰め替えて、向かいました。
FA905B30-E2C2-46CF-8401-589B55AACE79.jpg
開く角度、デザイン、サイズ、重量、とても使い易いと思います!
興味のある方は↓こちらのショップで。
http://item.rakuten.co.jp/nishikita/0526/

前日に続き、釣行。
4F8C36A4-8299-489C-B696-3C4C505E2ABD.jpg
今回は、N川C&R区間、昨年秋の豪雨で魚達は?
の確認です。 
入渓後すぐの日当たりのよい瀬には数匹の山女魚が見えます。
まだ警戒心が無いのか、近づいても悠々と日向ぼっこしてます。

E111E2A7-85FE-446B-998F-298821A44E46.jpg

この瀬だけで3匹の山女魚が遊んでくれました。
1ポイントで数を出すには、素早く引き抜くのが大事ですね。

5D1A4BEE-FF15-4D1C-83C2-AB4B4EF37A2A.jpg

おチビちゃん!
大増水に負けずにたくましく、生きててくれました。
日陰と日向での山女魚の定位位置や活性に差があります。
日陰では岩陰でじっとしてました。

E83C90B9-0F16-4344-93EC-2C64E615E754.jpg

数投流すと…岩陰から山女魚が毛ばりに興味をもち、顔を何度がみせます。
こんな時は焦らず、時間をおいてから再投入…

サイズは小さいが今シーズン1番の山女魚さん

7A24915D-5E26-44C7-B486-F098E2E74BF6.jpg

今回も水温が4度とかなり低い条件でしたが、しっかりと喰わせることができました。

次回の釣行はまだ未定です。







posted by ショージ at 19:32| Comment(4) | テンカラ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

早期テンカラ釣りのポイント テンカラ釣り日記・・・4

3月14日
H川釣行
水温4〜5度

先日、早期のポイントについて、問われたので
分かり易いポイントを釣って来ました。

✖︎が毛ばり投入位置
線が流す位置
○が毛ばりを沈ませ漂わす位置

28AC666B-3E32-4F5A-8F08-FAA8244FA663.jpg

気温、水温が低いので、流心以外を重点的に、
私はこの時期、毛ばりに誘いは入れずルースニング状態を維持します。

CCF269FE-4EC2-4BA3-A21D-4C3E727760D1.jpg
この場合のあたりは、ハリスにテンションがかかっているので「コツコツ」「ガツン」と分かり易いです。

5DF89D44-CEBF-4B31-9658-F4D9F8E45378.jpg
この様に左の岩陰がえぐれてる場合は、えぐれに吸い込まれる流れがあるので上手くのせる。

今回は、低水温にもかかわらず、水面でも水中でも釣れてくれました。
2時間の釣行で12匹とプチ爆。

E4503904-6A70-474E-8EF4-B85820AE1784.jpg

明日は天候次第になりますが、N川釣行の予定。

posted by ショージ at 18:51| Comment(6) | テンカラ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

沈ませの釣り。テンカラ釣り日記・・・3

3月9日
N川釣行。
水温4〜5度
81CF2B90-3CEC-40F7-9793-63E4A83BBC02.jpg

前回釣行での毛ばりの反応からテンションが下がらないままの入渓となりました。水温を計ると、4〜5度。前回と1度低い…

C9B74DDF-3FA9-4068-8A31-9876CD33A675.jpg
日差しはあるものの終始強風が吹いていて水温の上昇は見込めそうもなかったが…
あの感触を味わいたく、普通毛ばりを投入。
一度だけ水面下まで山女魚が毛ばりを追いましたが、追い切れず…
釣り上がるもやはり反応なし。
 
後からFB友達の方から聞いた話なんですが、ある説によると水面6度が魚の活性の分岐温度らしいです。
前回の6度と今回の4度…確かに!

自分の仮説ですが…
越冬してきた環境や水温、餌、その川の成分性質によって…多少の水温に対する反応が違うのでは?と考えてます。人間も同じで、育ってきた環境で体質も違いますしね。

毛ばりを逆さビーズヘッドに交換して、
直ぐに水中での反応が見れました。
それでも、なかなか口を使ってくれません。
そんな中、やっとの一尾

147FD8DA-8298-4838-A69E-A1B089C98A03.jpg


水中で魚影確認後に糸ふけ発生。
ゆっくり合わせで釣れてくれました。
やや浅めの淵、底石付近で…

2A7AF3DC-8477-44ED-97C1-63515ED80A64.jpg

下底をら流す為、少し上流より長めに流し喰わせ位置までタイミングよく流す。

今回の釣果はこの1尾のみ。

次回はH川3月14.15の予定ですが…
雨、雪の予報もあるので…変更かな。



posted by ショージ at 18:40| Comment(4) | テンカラ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村