今後の更新のため(テンカラ)をポチっとおねがいします。
にほんブログ村

2016年08月24日

奇岩の上流へ…テンカラ釣り日記…27

8月11日
〇〇沢釣行。

先日、関東地方に台風が上陸しました。
こちら秩父エリアでも土砂崩れや通行止めなど…被害は多数ありました。
どの渓も落ち着くまで入渓は控えた方が良さそうです。
さて、今回は8月11日にとある沢へ入渓しました。この沢の上流には鍾乳洞があり、沢登りスポットにもなってます。
また、途中には〇〇の奇岩という名所もあります。
今回は中流からの入渓です。

CE499EDA-40CA-478E-82F4-8586F31B5696.jpg
こんな場所もたくさん。
23年前に入渓した時は、もっとボロボロで
恐怖した記憶がありましたが…
奥へ進むと、伐採跡があり無惨な斜面もあり、そこからの土砂崩れも酷いものでした。

9827AB5A-8A89-4519-B9B3-BAC187AD6D46.jpg
中流域で二股に沢が分岐したところから入渓。ここからが本来の渓相です。

A27850BF-3B5A-42E6-947B-372CF2251DF0.jpg
23年前に入渓した時はこのポイントで岩魚が群れていたのですが…
淵尻に1匹だけし確認できませんでした。
当時は、ビクに入りきらないほどの魚影でしたが…残念です。

819DE7BF-D6E7-4591-87D3-3A40B95033CA.jpg
白い岩の滑床が特徴の上流域。
ここまで、16匹の釣果。
サイズは18〜20p止まり。

9A3732CC-8DAD-43DA-831C-B194E58B84AE.jpg
痩せた岩魚ばかり。
いよいよ奇岩付近まできました。

C8BC672A-E8AE-441E-B585-A44B41F34795.jpg
すぐ下のポイントでは良型も確認。
立ち位置のミスで走られましたぁ。

奇岩到着です。

D68E72E5-56C0-4B45-A83A-ECC00F504577.jpg
何故か、ここで一旦流れが消えます!
23年前はここまでで脱渓しましたが…
今回はさらに上流へ!
奇岩に腰掛け、遅めの朝食をとり奇岩を越えようとした時…
足元から…蜂の群れが襲ってきました!
一目散に下流へと走り逃げました。

ビビりな私はここで戦意喪失…
あの奇岩を越える勇気はなかったです。

敢え無く脱渓となりましたが、
次はルートを変えて挑みたいと思います。

BD39DD9A-3A16-413A-8165-98F47AD6EB8F.jpg


おすすめ!テーパーライン
こちらのショップで購入できます。








posted by ショージ at 13:05| Comment(4) | テンカラ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

どんなラインを使用してる? おすすめテーパーライン。

今回はテーパーラインについて…
最近、
「どんなラインを使用してますか?」
「オススメのラインは?」
って質問をいただいたので…紹介させていただきます。
私の使用ラインはテーパーラインです。最近流行のレベルラインは使用した事がありません。
今シーズンから使用しているラインは
にしきたトレーディングというショップで販売されているテーパーラインです。
ショップはこちらからどうぞ。
↓↓↓
http://www.rakuten.co.jp/nishikita/index.html
E5253951-2344-4E4C-83E7-2EE8E58FC98A.jpg
テンカラ専用ライン 両先端ループ付き
・6段階テーパー(ロッド側:30lb 〜 先端:6lb) 
・ファールド(編込み)なので耐久性も抜群で、テーパーラインのキャスティング性能も備えています。
・テンカラ専用設計なので、長さとテーパーがテンカラロッド(12ft:3.6m前後、13ft:3.9m前後)にベストです。
・カラーはイエロー、グリーン、コーヒー、オレンジ


サイズ:12ft(約3.66m)、13ft(約3.96m) 
素材:ナイロンモノフィラメント

上記が主なスペックです。

最近のラインはナイロン製のものが主流ですが…こちらはモノフィラメント製です。

使用した感じ、馬素に近い感覚。また軽量でとてもキャスティングしやすいです。操作性にも優れてます。

1つ難点があり、水濡れにによりラインが水を吸い重量が増します、よってオツリ現象が起きやすいです。今は防水スプレーを塗布して対応してます。
色も多彩で、
夕朝夕マヅメには蛍光色を。
昼間は緑や小豆色を。
使い分けると良いかと思います。
初心者〜上級者まで使えるラインですね。

明日は暗い沢釣行の予定ですので…

2CAF1EB3-DBAA-4B40-9157-1920A2A6C06C.jpg
この色のラインで挑みたいと思います。






style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7763421936389841"
data-ad-slot="6243455212">

E5253951-2344-4E4C-83E7-2EE8E58FC98A.jpg
posted by ショージ at 18:54| Comment(2) | テンカラ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

未開拓の渓へ…テンカラ釣り日記 26

8月1日
I沢釣行変更→A川釣行

いよいよ8月に突入。
秩父エリア禁漁まで残り2カ月をきりました。
ここ最近の雷雨で水量も増したのでは?
しかし、まだまだ渇水の秩父エリア。
まだ数日は続くであろう雷雨に期待です。


《予定ではN川支流のI沢でしたが…天候が安定しない為…次回へ持ち越。》

今回は、20年以上前に入渓した事のある渓流へ…
当時は、下流域を少し試して、水量の多さに圧倒されて断念した記憶があります。

F5EADD35-01F1-4AB7-AE24-ACB86A3C3C90.jpg

当時はまだ、学生で自転車が足だったので下流域でしたが…
今回は車止め中流域から仲間のT氏と入渓しました。
T氏は餌釣で順調に釣り上がります。
数十メートルの区間で20匹以上の山女魚を釣り上げましたが…全ておチビちゃん。
私はたったの4匹…全てオチビちゃん。

F89DE3FF-C80C-45F9-8EC3-9B9F43008462.jpg

渓相も良く、魚影もかなり濃いお気に入りの場所になりそうです。
その後、私は所用があり先に脱渓となりました。
後日、T氏に釣果を聞くと…
更に上流で良型が連発したとの事。

今、この記事を書いてる外では…物凄い雷雨となってます。
おそらく、これで渇水状態は改善されるでしょう!

次回は「どんなラインを使用してるの?」
って質問をいただいたので、記事にしたいと思います。

F27226BA-1212-4E37-B840-E86C3410B293.jpg





posted by ショージ at 06:01| Comment(5) | テンカラ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村