今後の更新のため(テンカラ)をポチっとおねがいします。
にほんブログ村

2015年07月26日

超ボリューミー毛ばり。

7月24日。

前回の釣行から何日経つだろうか?
仕事、地域の行事、子供達夏休みと…
渓魚釣体症候群も、無早末期。

意識朦朧としてた時。

Y様より毛ばりの注文を頂きました。
Y様には毎年この時期に注文を頂きます。
今回『とにかく、ボリューミーな毛ばり、且つナチュラルに…』との要望。

”胴には鳶の羽。

ハックルにはキジ羽。

毛ばり作りが渓魚釣体症候群を和らげる薬となるか⁈

10個の注文。今日はとり間4個。

ED400D35-0E63-4C75-BF50-2DFDC0D89D8B.jpg
↑コレ  鳶の羽です。
職場によく現れる鳶が落としてくれるんです。(^O^)
こんな感じです。

P1000464.JPG

4E80271C-789F-469C-BD53-C78FA5878E45.jpg

4E80271C-789F-469C-BD53-C78FA5878E45.jpg
今回、薄色のキジ羽を使いました。

時間釣行は、来月、5日頃になりそうです。

posted by ショージ at 17:43| Comment(7) | テンカラ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

画像が見れなかった為再投稿。N川完全制覇目前。N川釣行 テンカラ釣り日記 25

7月月13日
N川釣行。

ここ数日の猛暑…梅雨明けと思わせるような気温ですね。

さて、私が通うN川…
渓流つりを初めて25年
テンカラ釣りを初めて20年
通い詰めましたが、まだ最下流から源頭部まで制覇してません。
学生の頃、原付バイクでN川へ通ってた頃
、いつかは源頭部まで制覇するのが夢でした。

N川の流域は長く、奥が深く、それでいて比較的安全な遡行で上がれる渓流です。

今年こそは制覇したいと思い、今回未だ見ぬ源頭部へ入渓となりました。

703A5056-965F-4995-BB38-8348B9C24BA0.jpg


今年の梅雨は雨量が少ないのか…水量は物足りない。底石は茶褐色に藻していて、今シーズン大きな増水が無いと思わせた。

6ED1D327-4B25-48B0-922E-482F9FF41D51.jpg

しばらく釣り上がると堰堤が…

こんな奥まで堰堤とは、しかしこの先まだ2基あるんです。
釣果はというと…

気温上昇の影響か?
活性は低です。
F35F9C6D-6663-4AAB-8B91-12AC80C7F0DF.jpg

写真の25p岩魚を含め、ここまで、16匹。
空を見上げると青空!標高の高い源流部にいてめ汗ばむ陽気でした。
そしてしばらく釣り上がると…足元に違和感が?!

何かが引っかかる様な…

ECD61AA1-F657-4E31-B324-4B0486BC32CD.jpg

上田の…笑
(小次郎さん風に)
ウェーダーの底が!

実は前回の釣行時に剥がれて、修理したばかりなんですが…あまかったですね。
この状態で源頭部へ向かうのは困難、というよりも危険と判断。
やむなく脱渓となりました。


CFE035C2-9F78-4B04-97AF-4EEF8A876B40.jpg
a>
残り僅か。次回は準備万端で臨みたいです。また今シーズンの目標!お泊まり釣行もついでに…と考えてます。



style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7763421936389841"
data-ad-slot="6243455212">


posted by ショージ at 21:44| Comment(4) | テンカラ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

高活性時、更に釣果を上げる為に。 N川釣行 テンカラ釣り日記 24

前回の釣行から10日あまり…
「渓魚釣体症候群」を発症して、苦しんでましたが、やっと解消されました。笑

7月9日
N川釣行

7月に入り今まさに梅雨本番、ここ数日は特に大雨もなく、しとしとと雨降る毎日でした。そして今日も朝からいつもより強めに降ってました。
現場に着くと本降り状態、急な増水に対処できるようにと、比較的安全な上流部へ移動。岩魚狙いです。
DDE0C5FE-C4AC-4E73-93F1-881CAC53A33E.jpg

この時期にしては減水か…
まだ底石が洗われる様な増水は今シーズンしておらず、川底は茶藻ってます。

梅雨に入り各地から爆釣情報が寄せられてますね。ここ秩父エリアでも同じです。
すなわち、釣り人も増え、魚は釣られてるわけですね。
それでも今日の様な雨の日は活性も良く、
誰でも簡単に釣れてしまいます。
そこで、他の人より更に釣果を上げるには?
やはり、如何に竿抜けポイントを探るか!
ですね。
比較的簡単に釣れてしまう時は、小場所など竿抜けになる事が多いです。
今回は特に小場所を意識して釣行に臨みました。
0DF61FF0-DAA8-4473-BBB6-2CA7EE254AC4.jpg
このポイント、幅にして1メートルにならない小場所ですが、左右の垂水で1匹づつ。
出方もゆっくりとしてて、スレてる感はなく釣れました。
また大場所では多くの釣り人を見てるのか?警戒心のある出方で合わせずらく、釣りにくいです。
FA47DA43-68F8-4EF5-B9E8-B454027BE98B.jpg
丸々太っ腹なチビ岩魚君。

また、堰堤もこの時期は良く釣れるポイントですね。やはりスレてます。
そんな時は、強引な誘いが有効な時もあります。
929EA339-89F9-4258-998F-44038C6CA898.jpg
普通に流しても反応が無かったので…

強引な誘いから…

今日1番の岩魚   25センチ

A2313568-C845-4EA5-B9BC-DD11625A19ED.jpg


今回も思い通りの釣りが出来て、
満足できました。
心残りは、35pはあるか?の岩魚を手元でバラした事。次回リベンジします。





posted by ショージ at 19:07| Comment(4) | テンカラ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村